無料相談ネット予約

【診療時間】9:30~12:30・14:30~19:30    水・土18:30まで

インプラントにこんな「疑問」や「不安」はありませんか?

インプラントのメリット・デメリット

失った歯を補う治療方法として、インプラント以外にブリッジ・入れ歯があります。
このブリッジや入れ歯は、部位や材料によっては、金属を使用する場合もあります。
また、天然歯とは異なる形のため、違和感を感じる場合があります。
一方、インプラントの構造は、人工歯根と人工歯で構成されており天然の歯に近い構造をしているため、まるで自分の歯のような感覚で見た目の自然です。

ブリッジは、ブリッジ自体を固定するために、両隣の健康な歯を削らなければいけません。
しかし、直接、顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラントは、周囲の歯を削る必要がないため、天然歯を削らすに治療できることが可能です。

お口に合っていない入れ歯を使用すると、外れたり、痛み
がでたりさまざまな不具合が生じることがあります。
しかし、インプラントは顎の骨に直接固定する治療方法のため非常に安定しています。
これが、取り外し式の入れ歯との大きな違いです。

ブリッジや入れ歯は、ものを噛むときの刺激が骨に伝わらないため、経年的に「顎の骨が痩せていく」というデメリットがありました。 しかし、インプラントは、噛んだときの刺激が人工歯根を通じて顎の骨に適度が伝わります。
それが、周囲の骨と同様に健全な状態を保つことになり、骨が痩せにくくなっております。

インプラントにはたくさんのメリットが存在していますが、
下記のようなデメリットもございます。

ほりうち歯科クリニックのインプラント治療の特徴

特徴1

インプラント10年保証システム

顎の骨に埋め込まれているインプラントは、天然の歯と同様、
壊れたり抜け落ちたりしてしまうこともあります。
当院では、インプラント保証システムを採用しておりますので、
万が一の自体でも保証を受けることが可能です。

特徴2

インプラントセンターで
研鑽を積んだ歯科医師による治療

当院では、インプラントの埋入実績が高い歯科医院で研鑽を
積んだ歯科医師がインプラント治療を行います。
実績と経験を積んだ歯科医師が
責任を持って対応させて頂きます。

特徴3

徹底した滅菌対策

当院では、徹底した滅菌対策による感染予防を実施しており、使用した器具は必ず滅菌処理を行っています。
滅菌が不可能な器具は、ディスポーザブル(使い捨て)器具を使用しております。 また、患者様への感染予防はもちろんのこと、スタッフの安全にも配慮し、診療機材の扱いには細心の注意を払っております。

特徴4

インプラントを成功に導く最新設備

安心安全のオペを実施するために、
「歯科用CT」「マイクロスコープ」「滅菌スペース」などの
ハード部分を充実させております。

特徴5

生体情報モニターを使用し
安全なオペを実施

生体情報モニターとは、心電図や脈拍など治療中の患者様の全身状態を把握するための機材です。
生体情報モニターによって、患者様の全身状態の変動をより正確かつ迅速に捉えることができ、安心して処置をお受けいただくことができます。

特徴6

ガイドシステムにより
正確なインプラント埋入の実現

ガイドシステムとは、インプラントを埋入する際に、穴の位置・角度・深さをコンピューターで割り出し、その通りに処置をするための補助装置です。
3Dシュミレーションにより確実性と安全性が飛躍的に向上します。

GBR

GBRとは、骨の量の不足が比較的少ない場合に行える骨造成の処置です。
人工骨などを補填し、「メンブレン」という人工膜で覆うことで、骨の再生を促します。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、骨の厚みが足りない部位に人工骨を移植し、インプラントを埋入できる状態を作る処置です。

サイナスリフト

サイナスリフトとは、骨の不足が多い場合に行う処置で、上顎洞の粘膜を剥がして、持ち上げた部分のスペースに人工骨を移植する方法です。

問診・カウンセリング

インプラント治療については詳しく説明させて頂きます。 疑問や不安などはご遠慮なくお申し付けください。

検査

お口状態を確認させて頂き、CT撮影により骨の状態を診断致します。
診断結果を元に、治療方針をご提案させて頂きます。

インプラント治療前の
事前処置

歯周病検査、歯周病治療を行います。
※歯周病などの症状がある場合は、まずそちらの処置から行います。